2021年09月30日新型コロナウイルス関連情報について

浜頓別町移住体験事業(ちょっと暮らし)

浜頓別町で“ちょっと暮らし”しませんか?

都市部の人が浜頓別町での生活を手軽に体験できる場として、家具や電化製品を揃えた移住体験住宅を設置します。
少ない荷物で気軽に浜頓別町の暮らしを体験してみませんか?

浜頓別上空

詳細情報

体験期間 1週間以上~1か月以内
料金 1か月(30日) 48,000円
※住宅貸付料、光熱水費(電気量、水道料、ガス代)、放送受信料を含みます。
※灯油代、飲食費、寝具、消耗品費などは自費となります。
(灯油を用いる設備はストーブ(1台)となります)
※1か月に満たない場合は、「1か月の料金÷30日×日数」とします。
インターネット 住宅内にインターネット回線はありません。
役場、図書館、はまとんべつ温泉ウイングなどの設備に無料Wi-fiスポットがあります。
布団 布団は住宅に備えられていませんので、持参していただくか、レンタルしていただく必要があります。
※レンタルを希望する方は、役場までご連絡ください。
固定電話 なし
ペット 同伴可能

手続きの流れ

1.空き状況確認
電話・メールなどで、体験移住したい住宅の空き状況について問い合わせ、借受けを希望する期間が申請可能かを確認します。
※住宅の借用申請は、希望する初日の1年前から可能です。
例:〇 2018年10月4日に、2019年10月4日~10月18日で申請する
  × 2018年10月4日に、2019年10月5日~10月18日で申請する
2.申請書の提出
借用申請書をダウンロード・印刷し、記入・押印した上で、住民票謄本と共に役場へ郵送します。
※押印はシャチハタ以外でお願いします
※申請書を印刷できない場合は、こちらから郵送します。

ダウンロード:
3.許可書の受取
役場側で発行した許可書を受け取ります(郵送)。
※許可書交付のタイミングは、移住体験開始日の3か月前となります。
※申請書を提出し、許可書を受け取るまでは「審査期間」となります。
※新規体験者の方を優先させていただくため、申請状況によっては、審査期間中の方に対して、期間調整などのご連絡をさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
4.契約の締結
移住体験開始当日に、役場で契約の締結を行います。
※この時、シャチハタ以外の印鑑をご持参ください。
※契約の締結後、料金の支払いも行わせていただきます。
5.鍵の交付
住宅へ行き、設備・ルールの説明後、住宅の鍵を受け取ります。

体験住宅

1.浜頓別町移住体験住宅(下頓別2号)

外観
室内
間取り図
所在地 浜頓別町字下頓別
建築年 平成3年
構造 木造平屋建
面積 72.90m2
主な備品 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、湯沸かし器、電子レンジ、掃除機、調理器具、食器、テーブル、ダイニングテーブル・チェア、リビングソファ、キッチン、水洗トイレ(ウォシュレット付)、灯油ストーブ、バスルーム、給湯器、時計など

2.浜頓別町移住体験住宅(斜内1号)

外観
室内
間取り図
所在地 浜頓別町字斜内
建築年 平成3年
構造 木造平屋建
面積 72.87m2
主な備品 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、湯沸かし器、電子レンジ、掃除機、調理器具、食器、テーブル、ダイニングテーブル・チェア、リビングソファ、キッチン水洗トイレ(ウォシュレット付)、灯油ストーブ、バスルーム、給湯器、時計など

「船でゆったり移住割引証」について

津軽海峡フェリー(青森⇔函館、大間⇔函館)では、移住割引を実施しています。
割引証の証明を受けると、通常運賃より20%割引になります。
なお、浜頓別町が発行する証明書が必要になりますので、移住申し込みの際にあらかじめお伝えください。

割引対象者 ・浜頓別町ちょっと暮らし体験者
※乗船の際、割引証を持参されない場合や、市町村の証明印のないものにつきましては無効となります。
※インターネットでの割引は適用されませんので、ご注意ください。
問い合わせ 役場総務課まちづくり係 01634-2-2345

浜頓別町体験された方はこんな感想をもっています!

  • 本州に比べ、北海道の良さを十分体験できました!
  • 静かでとてもゆっくり生活することができた!
  • 町の景観が素晴らしい!
  • オホーツクという大自然、流氷とクッチャロ湖のハクチョウなど、観光自然の豊かさに恵まれている町だと感じた。

関連情報

お問い合わせ まちづくり係
電話:01634-2-2345
ファクシミリ:01634-2-4766