2021年09月30日新型コロナウイルス関連情報について

2歳未満の幼児のマスク着用について

 2020年5月25日、日本小児科医会より、2歳未満の子どもに対するマスク着用の危険性について公表されました。

 同会によると、2歳未満の子どもは成人に比べて器官が狭く、マスクを着用することで呼吸がしづらくなり心臓に負担がかかるほか、おう吐物による窒息の危険性もあります。他にもマスクによって熱がこもり、熱中症のリスクが高まることや、顔色や表情の変化による体調異変にも気付きにくくなることも懸念されています。

 世界的に見た新型コロナウイルス感染症の子どもに対する感染例から、

・こどもが感染することは少なく、ほとんどが同居する家族からの感染である
・こどもの重症例は極めて少ない
・学校、幼稚園や保育園におけるクラスター発生はほとんどない
・感染した母親の妊娠・分娩でも母子共に重症例の報告はなく、母子感染はまれ

 以上のことがわかってきており、現段階での子どもの新型コロナウイルス感染症は、心配は少ないとのことです。