2021年12月01日新型コロナウイルス関連情報について

浜頓別町の概要

浜頓別町の位置

浜頓別の緯度・経度

浜頓別町は、宗谷管内南部に位置するオホーツク海に面したまちです。
面積は401.64平方キロメートル。
地勢はほぼ平坦で、南東および南西は山岳に囲まれていて町の中心部には頓別川が流れ、オホーツク海に注いでいます。

浜頓別町の歴史

(町統計資料より抜粋)

人口

浜頓別の統計

町章

町章の画像

円を描いて円滑なる自治体を表現し、浜を片仮名で表して、頓を平仮名で逆さに見て読みます。
この字は画図案の中にハマのハの頂点は珠文岳を、マの下部突端は北見神威岬(斜内山道)を意味するほか、マの字の円内中央部はオホーツク海に突出している防波堤であり、切り字か所の2つは、オホーツク海に注ぐ頓別川河口と頓別漁港港口を表したものです。

町花・町木・町鳥

町花

エゾノリュウキンカ

エゾノリュウキンカの写真

立金花と書くこの花は、茎が立ち黄金色の花が咲くことから名付けられた花で、通称「ヤチブキ」として広く知られています。浜頓別町では、春一番に咲く花で雪の間から黄金色の顔を出す生命力に、力強い躍動を感じる花です。

町木

アカエゾマツ

アカエゾマツの写真

常緑の大高木です。樹皮は赤褐色で、とても甘い香りがし、木材では道北最高の銘木として有名です。
寒さや風に強いことから、浜頓別町でもベニヤ原生花園の入口付近から植林されよく育っています。
また、クッチャロ湖のポン沼寄りの保安林内には、アカエゾマツの成林が見られます。

町鳥

コハクチョウ

コハクチョウの写真

日本最北の湖、クッチャロ湖は日本有数のコハクチョウの飛来地として注目を集めています。
 毎年、秋(10月~12月)と春(3月~5月)に約6千羽を超えるコハクチョウが飛来し、その優雅な姿を見せることから町のシンボルとなっています。

浜頓別町民憲章

私たちは、白鳥の湖・クッチャロ湖と秀峰・珠文岳と砂金公園を有し、オホーツク海にのぞむ自然豊かな浜頓別町の町民です。
この自然を活かし、限りなく伸びゆく北方都市の建設を目指して、町民憲章を定めます。

  • 自然を愛し 自然との共生に努めましよう
  • 地域の特性を活かし 産業の発展に努めましよう
  • 文化を高め 心豊かな人づくりに努めましよう
  • 先人に感謝し 活気に満ちたあたたかい町を造りましよう
  • 社会に奉仕し 愛と希望にあふれる町を造りましよう