2021年12月01日新型コロナウイルス関連情報について

都市計画マスタープラン

都市計画マスタープランは、平成4年の都市計画法改定により、都市計画法第18条の2「市町村の都市計画に関する基本的な方針(都市計画マスタープラン)」が創設されました。
「都市計画マスタープラン」とは、将来の見通しや目標を明らかにし、町全体や地区を将来どのようにしていくかを住民と行政が一緒になって定めるもので、土地利用や都市施設、都市環境などの分野別計画の相互調整を図る都市計画部門の総合的な基本計画です。
浜頓別都市計画マスタープランは、21世紀に目指すべき将来都市像を明確にし、その実現に向けた都市づくりの基本的方針を定めるという計画の目的から平成16年度から平成35年度(西暦2023年)までを目標年次として設定しています。
計画の対象面積は、浜頓別都市計画区域(約860ha)を計画区域としています。なお、クッチャロ湖やベニヤ原生花園は、対象区域外ですが、本町の町づくりに重要な区域であり計画対象内としました。