浜頓別町

浜頓別町役場について

  • 〒098-5792 北海道枝幸郡浜頓別町中央南1番地
  • TEL 01634-2-2345(代)
  • FAX 01634-2-4766
  • E-Mail hamaton@mail.town.hamatonbetsu.hokkaido.jp
  • 開庁時間 8時30分~17時15分(土日祝・年末年始休み)
  • 法人番号 6000020015121
文字サイズ 小さく 標準 大きく 背景色

クッチャロ湖

【観光情報】

日本最北のラムサール条約指定地 クッチャロ湖

豊かな自然景観を見せる湖畔・クッチャロ湖。大沼と小沼の2つの沼が細い水路によってつながり、変形した瓢箪型をしています。大沼の南側には水鳥観察館、キャンプ場、温泉施設、白鳥公園などの設備があります。

クッチャロ湖の環境


多くの渡り鳥を観察することができます。

 国内最北のラムサール条約指定地です。周囲27kmの海跡湖で、大沼(長径5.5km)と小沼(長径3.0km)の2つの沼が細い水路によってつながり、変形した瓢箪型をしています。
 大沼の南側が整備され、水鳥観察館、キャンプ場などが設置されています。平均水深1.5mと浅く標高が低いため、約3km離れたオホーツク海の海水が、満潮になると入り込みます。日本とロシアを渡る水鳥達の重要な中継地で、約290種の野鳥が記録されています。特に春と秋の渡りの季節に、数千羽のコハクチョウと数万羽のカモ類が観察できます。冬には、天然記念物のオジロワシやオオワシの姿も見られます。町では、定期的な清掃や水質調査など行っています。
 平成7年に環境省で設置された浜頓別クッチャロ湖水鳥観察館は、来訪者へ自然情報を提供し、自然環境の普及啓発を行っています。また、地元の子どもたちへの環境教育を実施しています。平成16年から、浜頓別町を中心に地元漁業組合、農業組合などの関係機関が集りクッチャロ湖等保全対策協議会を設立し、湖畔への植樹や炭素繊維による水質浄化などの保全対策も行われています。

  • 白鳥飛来情報
  • クッチャロ湖通信

季節で楽しむ


湖畔に沈む夕陽

 春には白鳥の飛来を楽しむ「白鳥フェスタ」が行われ、海産物等の即売、給餌体験、各種コンテストなどが開催されます。夏は、「クッチャロ湖水まつり」や「水上丸太渡りレース」などの催しが行われ、カヌーやウィンドサーフィンなどでも賑わいます。雄大な湖に沈む夕陽は訪れる人々を魅了します。

基本情報:クッチャロ湖

所 在 北海道枝幸郡浜頓別町クッチャロ湖畔
位 置 北緯45度09分、東経142度20分
周 囲 約27km
面 積 1607ha(国内22番目・道内10番目)
環 境 汽水湖、低層湿地
昭和43年
 北オホーツク道立自然公園指定
昭和58年
 国指定鳥獣保護区及び特別保護地区
平成元年
 ラムサール条約指定(国内第3番目)
平成11年
 東アジア地域ガンカモ類重要生息地
TEL……01634-2-2346
FAX……01634-2-4766
お問合せはこちら

ページトップへ