浜頓別町

浜頓別町役場について

  • 〒098-5792 北海道枝幸郡浜頓別町中央南1番地
  • TEL 01634-2-2345(代)
  • FAX 01634-2-4766
  • E-Mail hamaton@mail.town.hamatonbetsu.hokkaido.jp
  • 開庁時間 8時30分~17時15分(土日祝・年末年始休み)
  • 法人番号 6000020015121
文字サイズ 小さく 標準 大きく 背景色

防災関係【『津波警報発令!!』 その時、あなたの行動は・・・?】

2014年11月25日

 

 

防災情報
『津波警報発令!!』 その時、あなたの行動は・・・?

津波警報

 平成18年11月15日午後8時15分、千島列島沖を震源とするマグニチュード8.1の地震が発生し、オホーツク海沿岸を含む各地で津波警報が発令されました。
 町では、直ちに災害対策本部を設置し、町内の沿岸地区全域に避難勧告を発令すると共に、消防機関等と連携を図りながら全庁職員をあげて避難の呼びかけや津波の警戒にあたりました。
 町民の皆さんにおかれましては、想定外の出来事に大変動揺されたことと思いますが、避難者や自治会、避難所となった学校関係者など多く方のご協力により、スムーズに避難することが出来ました。
 翌年1月13日午後1時24分、再び千島列島を震源とする地震により津波警報が発令されましたが、幸いにして被害も無くスムーズに避難することが出来ました。
 警報解除が中々されず避難が長引くこととなり、町とボランティアの方のご協力による炊き出しを行いましたが、避難者におかれましては不安な時間を過ごされたと思います。
 津波警報の津波の高さは1m~2mと予想されていましたが、実際にはわずかな潮位の変動にとどまったところでした。しかし、災害は予想を上回ってやってくることも考えられますので、日頃から災害に対して備えておくことが必要です。町としては、今回の避難勧告を教訓として防災体制の見直しに生かし、今後の防災体制に万全を期したいと考えています。

 ひとたび大規模災害が発生すれば、町や防災関係機関の職員も皆さんと同様に被災者となります。
 「自分の命・財産・家・まちを守る」ためにも、地域の方々のまとまった力で、お互いに協力し助け合う気持ちが、災害に強いまちづくりの第一歩となります。

津波対策・津波注意

■警報基準と避難所等について

予報の種類町の対応内容(発表される津波の高さ)
津波警報大津波避難指示 高いところで3m以上の津波が予想される場合に発令される。
■発表される津波の高さ:3m、4m、6m、8m、10m以上
津 波避難勧告 高いところで2m以上の津波が予想される場合に発令される。
■発表される津波の高さ:1m、2m
津波
注意報
津波注意  高いところで0.5m以上の津波が予想される場合に発令される。
■発表される津波の高さ:0.5m

*町は、津波警報が発令されるのと同時に、避難勧告・指示を自動的に発令する。
また、NHKテレビ・ラジオでも自動的に避難勧告・指示の放送がされる。

■町の対応

◆津波警報の対応~
 町職員及び消防・消防団等による広報車両やサイレン吹鳴による避難の呼びかけを行います。
 地震発生から津波到達まで時間が無い場合もあります、町の対応を待つことなく避難してください。
◆津波注意報の対応~
 総務課防災担当職員が役場庁舎に参集し、消防職員とともに情報収集や巡視にあたる。(避難等の呼びかけは行いませんが、テレビ・ラジオ等の情報に注視し、津波に警戒してください。)

■避難対象地区及び避難所等

町の対応避難対象地区避難所
避難勧告 斜内・豊浜・豊牛地区 豊寒別小学校(標高:25m)
頓別・栄和地区 多目的アリーナ(標高:10.2m)
避難指示 斜内・豊浜・豊牛地区 豊寒別小学校(標高:25m)
頓別・栄和、8町内(神社下)、3町内(白鳥団地)、楓地区 多目的アリーナ(標高:10.2m)

※大津波により浜頓別市街地への被害が予想される場合は、浜頓別高等学校(標高:12m)も避難場所として指定する。

津波到達予想まで時間が無い場合や、避難所へ避難することで逆に危険を伴う場合は、近くの高台や堅牢な建物の2階等へ避難するなど、状況に応じた対応をしてください。また、津波警報で予想された高さに対して、実際にはそれ以上の高さとなることも考えられますので、それぞれの判断において警戒をお願いします。

■津波の特徴など

①地震に起因する津波は、震源が陸地に近い場合、地震直後に津波が来襲し浸水するため、避難に関する時間的余裕がない。さらに、地形が複雑であれば津波は予想外の方向から来襲する。
②また、津波は高潮と比較して流速が大きく、特に押し寄せた津波が戻るときの引き波により、構造物への甚大な被害も考えられる。
③「津波の高さ」とは、津波によって潮位が上昇した高さをいい、津波が陸上を駆け上がった高さ(遡上高)は、この値の2~4倍程度になる。

『災害情報メール送信サービス』をご存知ですか?

 北海道では、気象台が発表する気象警報、地震・津波情報をあなたの携帯電話へ直接メール送信するサービスを行っています。
 また、この登録をすると、登録地区の市町村からの避難情報も、いち早く受信することが出来ます。道内にお住まいのご家族等の地域も登録するなど、積極的なご活用をお勧めいたします。
 なお、ホームページも開設していますので、携帯電話やパソコンで閲覧することが出来ます。

≪登録方法≫
① 携帯電話で http://www.bousai-hokkaido.jp./mobile/ へアクセスし、メール送信する。
② 少し待つと、メールが返信される。
③ 返信メールを開き、サービスをご利用になりたい地域や気象情報等を登録する。
☆☆☆ 登録はこれだけ! 便利で簡単! ☆☆☆

※パソコンでの登録は http://www2.bousai-hokkaido.jp/pc まで
(この場合、登録したパソコンにメール送信されますのでご注意ください。)

『災害情報メール送信サービス』に関するお問い合わせ先
 北海道危機対策室防災消防課 電話011−231−4111

ページトップへ